大勢の人に出資してもらおう

気を付けて実施しよう

特に審査を受ける必要がなく、誰でもクラウドファンディングを実施できます。
しかし実施したからと言って、必ず資金を得られる方法ではありません。
最初に自分で、目標金額とクラウドファンディングの期間を決めます。
そして期間内に目標金額を達成できた時だけ、資金を受け取れるという仕組みです。
期限内に達成できなかった場合は、資金を1円も受け取れません。
それまでに集まった資金は、出資者の元に返されます。

さらに目標金額が大きくなれば、それだけ全額が集まるまでに時間が掛かります。
そのため、今すぐに資金を得られる方法ではないと理解してください。
資金が足りなくなってからクラウドファンディングを始めるのでは遅いので、早めに始めましょう。

出資されるコツ

まずは、返礼品を考えてください。
資金を返済する必要はありませんが、出資者に向けて、感謝の意味を込めて返礼品を用意しなければいけません。
その返礼品が需要の低いものでは、誰も興味を持ってくれません。
みんなが欲しがるような返礼品を用意することが、スムーズに資金を得る方法です。

さらに、宣伝することも重要です。
どのような事業を行っているのか、SNSで宣伝してください。
怪しい会社だと思われると信頼を失い、出資者が減ります。
信頼されるために、会社や自分の情報を惜しみなく提供してください。
また積極的に、SNSでフォロワーを増やす意識を持ちましょう。
フォロワーが増えると、より遠くまで情報を拡散することが可能です。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ